住宅ローンを完済できない!そんな時のための任意売却

住宅ローンの支払いが難しくなった時に行う任意売却

住宅ローンが支払えなくなった時には、銀行から紙面が送られてきて住宅ローンが滞っていることそして溜まった金額の支払いの期日が記載されています。その期日以内に支払いができない場合には、住宅の所有権が銀行にわたることになります。ローンの返済に住宅を売りたいと考えても、その住宅の価値は買った時から徐々に落ち始めているので銀行としては売ったところで利益にはつながらないです。そこで価値が下がった住宅でも、所有者と銀行との間で取引をするのが任意売却です。任意売却は裁判で命じられたら、その住宅の価値がどれだけ下がっていても銀行が買い取って売却物件にする仕組みのことです。この仕組みがあることによって、どんな状態でも銀行に所有権がわたることになるのでローンの支払いが軽くなります。

任意売却のメリットとデメリット

任意売却のメリットは、価値が下がった家でも裁判所の意向は絶対なので債権者は買い取らなければならないです。その売却することで得た資金をローン返済に使えるので、ローンの支払いの金額によってはかなりの負担軽減策になります。そして売却が決まっても、次の住所が決まるまでは猶予があるので準備をする時間もとることができます。ただ個人にとってメリットもあれば当然デメリットもあることも忘れてはいけないです。ローンの支払いの軽減策なので、ローンの料金の内容によってはローン負担が全く減らず家だけ失うということもあります。そのため任意売却は売り手がつかない家を法律にのっとって売却が可能になる仕組みですが、メリットばかりを見ていると損をするのは購入者だけということにもなりかねないです。